鉄路は西から東から

鉄道のこと、日常のこと、いろいろ。

「文章を書く」ということ

どうもこんにちは。

 

放置気味のこのブログですが、最近思うのは、「まとまった量の文章を書く」ことが少なくなったなァということ。

ブログ自体は中学の頃から始めて、一旦移転したり名前を変えたりしつつも、大学卒業まで続け、就職を機にそちらを畳んで、こちらの「はてなブログ」を改めて始めたわけですが。

 

まァ、書くことがない。というか、書く気力がない。

 

時間がないから、というのは言い訳です。自覚しています。休みは世間より少ない仕事だけど、まったく休めないわけではないので、書こうと思えば書けるのです。しかしなぜ書かないのか。

「書く」ことに――もっとハッキリ言えば、「まとまった量の文章を書く」ことに――魅力を感じなくなったのでしょう。

中学生の頃が、書くのが楽しくて仕方がないピークだったように思います。だからブログを始めようなどと考えたわけで。Twitterが先だったらまた話は別だったのでしょうが、「文章を書きたい」という思いと、あわよくばそれを他人に読んでもらって「自己肯定感を得たい」という欲望が、思春期に結実したのがブログだったのです。

思えば、その頃は周りにも結構そういうブログ的なものを始めるやつが何人もいたな。mixiとかね。たいてい数ヶ月で飽きてやめていくのですが、自分の場合は高校に入ってからもそれは続きました。

高校では部活は文芸部に入り、小説を書いていました。……と言っても他の部員が全員「小説」を書いていたから自ずとそうなっただけで、本当は「創作」が大の苦手。年1回の文化祭に合わせて、なんだかどこかで読んだことのあるような適当な話を作って凌いでいました。

しかし「書く」という行為自体はまだ好きでした。やがて大学へ進学しますが、大学では文学部に入りました。

この頃になってくるとブログはもうすっかり飽きてしまい、今のように年に数回の更新に留まるのですが、他方、「書く」ことは好むと好まざるとにかかわらず続いていきます。だって文学部だもん。レポートなり、ゼミのレジュメなり。就活の履歴書もそうですね。結局受けなかった企業も含めて、自己PRを何枚書いたことか。

そして、小学校の「作文」の授業以来、連綿と続いてきた「書く」という行為の終着点が「卒業論文」だったのでしょう。

 

さて、無事に大学を卒業して就職したわけですが、今の仕事はほとんど「書く」ことがありません。「読む」ことはあっても「書く」ことはない。せいぜい、仕事終わりに日報を書くくらいです。日報といっても、もともとクリエイティブな仕事ではなく、どちらかと言えばライン作業に近い部分があり(と言ったら叱られそうですが)、特筆すべきことが起こらないのが所定なので、書くことも毎日同じ。

「本日も無事故で業務を完遂した。」

以上。完。そば湯先生の明日の仕事にご期待ください。明日も無事故で業務を完遂します。

そんな仕事を1年半続けてきて、ふと気づきました。

 

最近、全然「文章」を書いてねぇな……。

 

学生時代はあれほど「書いていた」のに、社会人になったらそんな時間も機会もない。1日数回、140字以内の短文を発信することはほぼ毎日欠かさずやっていますが、自分の考えたことを、まとまった文章にして、誰かに伝える目的で書く、ということをほとんどやっていない。

これ、ちょっとまずくないか。

言いすぎかもしれませんが、140字以内の投稿に慣れると、自分の考え方まで140字の型にはめられて制限されてしまうような、そんな気がするのです。「草」と1文字書くのは簡単です、しかし「ここがこうで、こういうところが面白かった」と、ある程度の量を、それも他人が理解できるように書くのは難しい。技術がいることです。

ところが、かの青い鳥はその技術を前にこう言い放つのです。「君の話は長すぎるから、140字以内でまとめて」と。

もちろん、文章を簡潔にまとめるのも技術がいることです。それはまた別もの。140字という制約の中で表現できる内容には限りがあり、連投することで長文の投稿も可能ではありますが、本来はこうしたブログなどのフォーマットが担うべきものでしょう。自分もたまにスレッドを長々とくっつけて連投してしまいますが、逆に他人がTwitterであまりにも長話をしているとウンザリすることもあります。

話が脱線しそうなのでまとめますと、まとまった量の文章を書くという行為がご無沙汰になり、SNS等の短文投稿ばかりに慣れた結果、自分の思考や、それをアウトプットするための表現もまたインスタントなものになってしまいそう(と言うか、既になっていそう)だな、と今更ながら危惧するようになったのです。

身体も鍛えなければ衰えますし、漢字も読んだり書いたりしないとパッと出てこない、なんて経験はありませんか。同様に、「考えを論理的にまとめて、言葉(文章)として表現する」こともまた、続けないと衰えるでしょう。

はてなブログのトップページを開くと、左上にこのようなキャッチコピーが書かれています。

 

「思いは言葉に。」

 

 Twitterで「草」と書くことをやめるつもりもありませんが、それはそれとして、「書く」という行為の大切さにも立ち返ってみようかな、と思った24歳の秋なのでした。

 

一番いい日産デイズを頼む。

どうもこんにちは。

もう2ヶ月前のことになってしまいましたが、このたび新車を購入しました。

日産の『デイズ』という軽自動車です。グレードで言うと「ハイウェイスターGターボ」。雪国でも安心の4WDです。

f:id:rockmansion:20180705134556j:plain

ドヤァ。地元のイオンで撮影。目立つ色ですが気に入っています。デイズには黒、白、シルバーなどの無難な色の他に、赤、オレンジ、紫、水色、さらにはピンクやら黄緑やら色とりどりのボディカラーが用意されていますが、この鮮やかな「オーシャンブルー」に一目惚れでした。

 

さて、私が車を買うのは、去年の8月に中古の軽自動車(スズキ・セルボ)を購入して以来、早くも2台目であります。

 

rockmansion.hatenablog.jp

 

と言っても、セルボは事故や不具合が起きて乗れなくなったとか、宝くじを当てたから新車を買ったとか、そういう話ではありません。

いま実家で母親が乗っている車(ダイハツ・ムーヴ)は今年の夏に車検が切れるのですが、購入してから13年も経つのと、経年劣化で板金をしないと車検を通らないとのことで、少なくないお金がかかります。税金も高くなるしね。

そこで(なぜか)私が新車を買い、セルボは母親に譲ることになりました。まァ、いずれは新車が欲しいとは思っていたから……。もちろん、まとまった資金はないのでローンです。止むを得なければ即ち止むを得ない。

道具としての車は軽で充分なので、今回もハナから軽にするつもりでした。その中で、わざわざデイズにした理由? いろいろありますけれども、一番大きいのは叔父が日産に勤めているから(笑)。その叔父経由で買いました。あと、デイズは見た目もかっこいいしね!

f:id:rockmansion:20180705182737j:plain

しかしデイズはNA(ターボなし)だと、ライバルの『ムーヴ』や『ワゴンR』などに比べて非力なので、思いきってターボ車を選択。さらに、昨冬の大雪で非常に大変な目に遭ったことを踏まえ、4WDを選択。燃費が悪いと言われるデイズですが、ターボで四駆という時点で最初から燃費のことは気にしていません。

ターボ車は最もグレードの高いモデルにしかないので、結果的に「一番いいデイズを頼む」という具合になってしまいました。

おかげで乗り心地は最高です。装備も充実していて運転しやすいし、めちゃくちゃ速いです。走ります。

正直なところ、街乗りだけならこれまでのセルボでも充分でしたが、やはり中・長距離(それもアップダウンのある道)となるとパワー不足は否めませんでした。その点、この車はパワーがあるので、少し踏んだだけで登り坂でもグイグイ登ります。先日、ためしに野尻湖までドライブに行ってきましたが、ほとんど疲れませんでした。

セルボだとちょっと躊躇してしまったような距離のところにも、これからは思い切って出かけてみたいですね。運転しやすいということは気軽に乗れるということでもあるし。

蓄えが無事死亡どころか、ローンと維持費に追いかけられる日々になりそうですが、元が取れるくらい乗り回そうと思います。

 

ガルパン博in新潟に行ってきた話

どうもこんにちは。今回は新潟市で開催されたガルパン博のお話です。

正式名称は「ガールズ&パンツァー博覧会」といいます。映画化もされた同名のアニメ作品の原画展示がメインです。

私とガルパンの馴れ初めを語り出すと長くなるのでやめますが、大学時代に出会って以来、TVシリーズはもちろん、劇場版に至っては15回も映画館*1で鑑賞し、聖地・大洗にも時には一人で、時には同好の士である大学時代の友人と連れ立って、かれこれ4回訪れています。昨年冬に公開された劇場版最新作である『最終章第1話』も、場所を変えて3回も観てしまいました。

まァ、単に作品が好きなだけで、愛を語れるほど特定のキャラが好きなわけでもなく、戦車をはじめとするミリタリーに造詣が深いわけでもないのですが、それでも「ガルパンおじさん」の末席を汚す一人であるという自覚はあります。おじさんで思い出しましたが、不肖私、先月で齢24になりました。24歳、社畜です。

 

閑話休題

これまで東京、大阪と開催されてきたガルパン博が、なぜか新潟市で開催されることになりました。

一応、戦車道連盟の新潟県代表という名目で「ビゲン高校」なる高校*2が存在するにはするのですが、大洗の「ガルパンギャラリー」に展示されていた設定資料(下写真)にチラッと登場するのみで、TVシリーズにも劇場版にも、キャラや校章はおろか名前すら登場しません。本当に存在するのかどうかすら疑わしい。最初期に賑やかしとして作るだけ作って、もうスタッフも存在自体忘れてるやろ。

f:id:rockmansion:20180616121056j:plain

それがどういう料簡で新潟市に白羽の矢が立ったのか分かりませんが、新潟市は近年、マンガやアニメを使った街おこしに躍起になっており*3、その名も「新潟市マンガ・アニメ情報館」なる施設までつくる有様。それで誘致したのでしょうか。もちろん、今回ガルパン博が開催されたのもこの施設です。

直江津駅から115系使用の快速長岡行きに乗車。終点の長岡で新潟行きの普通列車乗り換えて、新潟駅へ。

f:id:rockmansion:20180616115336j:plain

f:id:rockmansion:20180616115457j:plain

そういえば、新潟駅が高架化してから訪れるのは初。見違えるようにキレイになりました。まァ現時点では「第一期開業」で、まだまだ工事は途中なので、ホームから改札までの動線が長いなどの不満は致し方ないところかと。全面開業が待ち遠しい。

駅からはBRT(ただし連節車ではない)に乗り、古町でヤボ用と昼食を済ませた後、徒歩で万代シテイビルボードプレイス2にある「新潟市マンガ・アニメ情報館」へ向かいました。

f:id:rockmansion:20180612154735j:plain

f:id:rockmansion:20180612154812j:image

入口にはチハがいました。大洗から来たみたいです。そういえば、3月の海楽フェスタでも見かけました。

f:id:rockmansion:20180612161508j:plain

デジタルサイネージではビゲン高校を猛プッシュ。今まで存在すら怪しかったものがこうして露骨に推されているのを見ると、やっと公に認知されたかという嬉しさもある反面、ちょっと白々しさを感じなくもないというか。ガルパン博が終わったら、どうせまた闇に葬られるんじゃないの?(疑念)

これを機に、ビゲン高校が作品内にも登場してほしいところであります。いやマジで。せっかく新潟がフォーカスされたのに、これっきりなんて切なすぎるので、スピンアウトでもいい*4から作ってくださいお願いします何でも(ry

f:id:rockmansion:20180612154957j:plain

で、感想としては……なかなか良かったです。メインは原画展でしたが、その一つ一つのシーンが人間の手で生み出されていること、そして素人目には違いに気づかないような細かいところまでこだわって作られていることが分かりました。声優さんたちが身に着けていたパンツァージャケットや、マンガ・アニメ情報館職員の私物(!)のカンテレなどもありました。ちっちゃい琴みたいなものだと思っていたカンテレ、意外と大きいのね。

作品が会期末の平日ということもあってか、他にお客さんはほとんどおらず。ゆっくりじっくり鑑賞できました。東京や大阪ではこうは行くまい。

ちなみに会場限定でビゲン高校のTシャツが販売されると聞き、ぜひ手に入れたいと思っていたのですが、会場外のお土産コーナーに行くとすでに全サイズ完売していました。初めての、そしておそらく最後のビゲン高校グッズですから、手に入れたかったなぁ……。仕方なくバンダナとBC自由学園のキーホルダーを購入。なぜBC自由学園にしたのかはまた別の話。

f:id:rockmansion:20180612155019j:plain

最後にレインボータワーを見て帰りました。

まもなく解体されるレインボータワー、小さい頃に登ったことがあります。ここ数年はずっと営業しておらず単なるモニュメント化していましたので、「ああ、とうとう壊すのね」という感じではありますが。

 

 

*1:知っている人は知っている、あの「シネマシティ」です。当時は立川市民でした

*2:モデルはスウェーデン

*3:高橋留美子水島新司など多数の漫画家の出身地であるため

*4:書いたあとググってみたら、『ガールズ&パンツァー リボンの武者』にビゲン高校が出てくるらしいです。ノーマークだった……

いま春が来て僕は2年目になった。去年よりずっと社畜になった。

 どうもこんにちは。

 実に半年ぶりですが、年度が変わったことだし更新しておこうと思って投稿するものなり。エイプリルフールネタではありません。

 

 半年……。

 

 半年前といえばようやく試用期間が終わって正社員になって、Twitterはきな臭いからマストドンを始めてみたなどという記事を書いていましたが、時が経つのは早いもので私は今日で入社2年目となり、せっかく作ったマストドンのアカウントもあまり使わず、きな臭いと言っていたはずのTwitterをメインにちまちまつぶやく毎日です。

 2年目ということは昇給するらしいですが特に何も言われていないので、いくら上がるのかそもそも上がるのかすら曖昧模糊とした感じであります。とりあえず仕事は増えます、というか4月を待たずしてすでに増えています。

 今年度の目標は、与えられた仕事の範疇を逸脱しない程度に「個性」を出すことです。言われたとおりに太鼓叩いて笛吹いて、調子っ外れの音さえ出さなければやっていける会社ではありますが、サアヴィス業である以上はお客さんの記憶に残るような仕事がしたいと思います。

 

 そして。

 いよいよ後輩が入ってくるんですねぇ(^ω^)

 

 どんな人が入ってくるのか楽しみです。ちなみに私が入社してすぐに配属された職場は、あろうことか1年の中で4月が一番忙しいところでした。聞けばその部署にも新入社員が2人やってくるそうで、いきなりあの激務の洗礼を受けるのかと思うと「まだ見ぬ後輩諸君、せいぜい頑張ってくれたまえ」と内心ほくそ笑んでいます。まァ楽しかったけどね。

 そして入社後わずか数週間で配置転換がありました。で現在に至る。新しい部署は勤務体系も仕事内容もそれまでとはまるで違っていて、入社をかなり後悔したり鬱になりかけたりもしました。しかし今ではそれも乗り越えて上手くやっています。

 だから後輩が来たら、単に仕事のことだけでなく、自分の時はどうだったか、こういう時はどうしていたかということを親身に教えてあげられるような先輩になりたいですね。

 

 そんな話を同期としていたら、先輩のたまいて曰く、

 「君らはこっちに来るのが早かったけどさ、今年の新入社員は最初の部署に2年くらいいるらしいよ」

 

 (  ゚д゚)

 

 なん……だと……。

 

鱒と丼

どうもこんにちは。

ようやく半年間の試用期間が終わり、今月から晴れて「正社員」になった管理人です。春先、5~6月頃はいきなり配置転換で責任の重い仕事を任されて、「思い描いていた仕事と違った……」みたいな面もあり、五月病からの「三日・三月・三年」の第2ステージに差し掛かってストレスフルな日々でしたが、やがて仕事の調子をつかんでくるとそれも乗り越え、無事半年が過ぎました。

正直、まだ初歩的なミスをしてしまったり、「とっさにこうしたけど、あとから考えるとああしとけば良かったかな」と反省することもしきりですが、今の会社でこれからも泥臭く汗臭く働いていこうと思っております。

そして正社員になったので、今月分から1万円昇給です!やったー!(AA略

まァ、とは言っても奨学金の返済も今月から始まるので、収支全体で見ると支出のほうが増えるんですけど……それはそれ。自分が借りたものだからね、仕方ないね。

 

さて、月に一度程度しかこのブログを更新しない一方で、先月から「マストドン」なるものに手を出してしまいました。

mstdn.jp

このマストドンはどういうものかと言いますと、早い話がTwitterみたいなものです。Twitterをやめて新たにブログを始めたわけですが、やっぱりTwitterを復活させたくなっちゃいましたw

しかし傍から見ていると、Twitterは最近どうもきな臭い。「○○死ね」などとつぶやいただけで、Twitter本社に据え付けられた「全自動アカウント凍結機」が文脈に関係なく作動して、アカウントの永久凍結に追いやられるとか(※想像です)。

あとは私は絵を描かないので直接関係ありませんが、少しでもえっちな絵を上げると「全日本えっちな絵を許さない市民の会」の構成員がそれをTwitter運営に集団通報して、やっぱり問答無用で永久凍結されてしまうとか*1。怖いですね。ついったランドには表現の自由なんてなくなってしまったんでしょうね。まさにディストピア小説も真っ青の状態であります。Blue Bird is watching you!!

 

というわけで、単にTwitterを復活させるのもいいが、「ポストTwitter」たりうるツールも持っておきたいと考え、マストドンを始めてみた次第です。

いざやってみると、Twitterと同じところもあれば、まったく違うようなところもあり、慣れるまでに少し時間がかかりました。

一番感じたのは、ユーザー同士の垣根が低そうなところです。まだマストドン上では誰とも会話はしていませんが、少しツイート(マストドンでは“トゥート”という)しただけで、見知らぬ人から次々とお気に入り登録されたり、リツイート(マストドンでは“ブースト”)されます。これは、Twitterでは基本的に自分がフォローしている人のつぶやきが流れてくるタイムラインしか見ないのに対し、マストドンではそれ以外に「ローカル」「連合」といって、同じサーバーや別のサーバーにいるまったく知らない人のトゥートが次々と流れてくるタイムラインがあるからでしょう。

まだ始めて1ヶ月ですので、私がこれ以上知ったようにマストドンの機能を紹介するのはやめますが、とりあえずTwitterよりは自由な雰囲気であることは間違いなさそうです。

あと、マストドンは下ネタ言ってる人がめっちゃ多い。同じ人が下ネタをめっちゃトゥートするからタイムラインに何度も登場してそう感じるのか、それとも可視化されてないだけで、もともとTwitterにも下ネタを言う人はたくさんいたのか。それはまた別の話。

 

*1:妄想です