ワニ食べ行こう~「とんが」にまつわるエトセトラ

どうもこんにちは。

みなさんは「ワニ」を食べたことがありますか。私はあります。

先日、会社の同僚と3人で、直江津にある「とんが村」なる居酒屋へ行ってきました。とんが……トンガ? 南太平洋の小さな島国、ラグビーが盛ん、火山が噴火……などなど、ざっくりしたイメージはありますがよく知らない。そしてあやしい外観。

初めは怖いもの見たさみたいな好奇心だけを持っていたのですが、私の職場を定年退職された大ベテランの方が以前から通っているという話を聞き、にわかに気になってきて、今回とうとう行く機会を得ました。

フライドワニ

まず唐揚げ。このお店の食用ワニは、遠くオーストラリアから来ているそうです。ワニ食の本場はオーストラリアなんですかね。味や食感はなるほど、鶏肉に似ています。スパイスが効いていてビールに合います。

ワニステーキ

ついでにワニのステーキも注文してみました。「ステーキ」という語感から、鉄板でジュージュー焼けているものを想像していたので、見た目は正直かなり地味。色が白いので、やはり鶏肉っぽいですね。

食べてみると、唐揚げよりもしっかりした肉感です。しかし臭みのようなものはまったくなく、衣がないぶん旨味をダイレクトに感じます。一緒についてくるサルサソースやにんにくソースにつけて食べると、異国の料理という雰囲気が増してさらにおいしい。

ちなみに唐揚げとステーキはどちらも1000円だったか、1000円+税だったか、それくらいの値段でした。3人でシェアしたので、お値段の割には少し物足りない量。高級珍味ですね。「ワニの手と足」というのもありましたが、こちらはなんと時価とのことで、ちょっと勇気が出ませんでした。

この他に自家製ソーセージやガーリックシュリンプなど、おつまみになるメニューを注文。どれもおいしかったです。ワニやエビをつまみながらノンアルパインサワー*1などを飲んでいると、まさに南国のレストランで食事をしているような気分になってきます。行ったことないけど。

また、南太平洋の国々以外にもタイ料理などの食事メニューもありましたが、パッと見で「これがトンガの郷土料理だ!」みたいなものはよく分かりませんでした。そもそもトンガ料理ってどういうのでしょうね。タロイモ

tongamura.wixsite.com

例のアレの第7波で、海外はおろか沖縄なんかにも行きづらい感じになってきた今、こういうクソ暑い時期にこそ「トロピカル居酒屋」でお手軽に南国情緒を味わってみるのも粋だと思います。

 

 

*1:下戸なので2杯目からはノンアル